csvセッション
水上

川崎市『ウッドシティ川崎』

森林資源のない川崎市で、国産木材に対する市民への意識の醸成や、民間建築物への木材利用の促進、木材利用だけではない林産地の活性化など、脱酸素社会を見据えた木材利用を促進する取組の提案・実行支援を行っています。〔川崎市木材利用促進事業受託(2019年~)〕

矢祭町 -地域活性化事業-

福島県の南端に位置する矢祭町で、中山間地の「まちなか」が抱える諸課題を、地域内外のつながり(=コミュニティ力)を活かし、課題の発掘から解決までを総合的にコーディネート、住民主体のまちづくりのための総合支援を行っています。〔まちなかコミュニティ力向上事業受託(2020年~)〕

新潟県立自然科学館
『POP UP SCHOOL』

委託パートナーの1員として運営を行う新潟県立自然科学館の場を活用した地域事業者のCSV事業にもつながる体験型プログラムの開発・パッケージ化を行い、子供たちの生きる力を育む取組を行っています。

人財育成

地方創生に資する具体のCSV事業の立ち上げと実装支援を行いながら、事業に関わる企業社員に対し、実地研修も併せて行います。CSV観点に基づく事業創出が可能な社員を育成します。

青森県弘前市
「白神めぐみ寿司プロジェクト」

2016年に北海道新幹線開通に合わせて、弘前市内の地場産業・観光業者とCSV会員企業が連携、「食」「インバウンド対策」「地元産業の利用高度化」をキーワードに、産業の後継者問題や高齢化といった社会課題を解決する取組を事業化しました。〔2013年~2018年〕

NEWS

>> ニュース一覧

Session Report

>> セッション一覧

MISSION

ビジネスの力で社会的課題に取り組み、社会と企業の価値を両立させる

現代社会では地域を問わず、高齢化対応・地域の活性化などの社会課題、気候変動などの環境問題など、多くの課題を抱えています。

これまで、多くの企業はCSR(Corporate Social Responsibility=企業の社会的責任)やISO26000の理念で行動をしてきました。しかしながら、今後は理念だけにとどまらず、企業本来の事業力を生かし、競争優位を獲得するための「経営戦略」として、よりよい社会や持続可能な未来を創造する、つまりはCSV(Creating Shared Value)の事業化がより求められています。

し、CSV事業の推進と普及を行います。産官学民の連携による新しいビジネス当機構は、新たな価値観に基づく社会の創出や、生活者のQOLの向上を目指し、CSV事業の推進と普及を行います。産官学民の連携による新しいビジネスモデルの構築とその事業化に向け、当機構がプラットフォーマーとなり、戦略的なチームビルディングやオープンイノベーションなど、総合的な事業構築をご支援いたします。

『CSV(Creating Shared Value)とは』

社会問題の解決と企業の利益、競争力向上を両立させ、社会と企業の両方に価値を生み出すための経営フレームワークです。資本主義のメカニズムを生かし、ビジネスの力で社会的課題に取り組み、社会価値と企業価値の両立と、ソーシャルインパクトの継続的拡大を促します。

ACCESS

一般社団法人CSV開発機構

〒108-0014 東京都港区芝4-6-9

E-Mail:staff@csv-jp.org